髪が広がるくせ毛を治す方法!梅雨の湿気対策を美容師がおしえちゃいます。

冬が終わるとあっという間に春ですよね。時間の流れは本当に早いものです。

gfj

今回はちょっと早いですが、梅雨の湿気対策を美容師が教えちゃいます。梅雨と言えば湿気!髪が広がるくせ毛の人にとっては嫌な季節です。朝しっかりと髪型をセットしても、『梅雨の湿気でどんどん髪型が膨らんでしまう』などの悩みを持っている人も多いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そこで、梅雨の湿気対策!髪が広がるくせ毛を治す方法を紹介します。

梅雨と夏の間だけでも実践することで、イヤーなくせ毛の悩みは、治す事ができますので参考にしてみてね。

1 縮毛矯正をかける

梅雨の湿気の多い時期から汗をかきやすい夏の間だけ、縮毛矯正を髪にかけて、くせ毛を治す方法です。縮毛矯正をかけた髪の毛は、湿度が有ってもくせ毛が戻ったり、広がる症状は出ません。髪の長さが長い人にはとっては、とても有効な梅雨の湿気対策です。

ftgh
※引用http://beauty.hotpepper.jp/slnH000143591/style/L000606682.html?cstt=17

毛先にパーマのかかっている人でも、根本の髪の毛だけを縮毛矯正することもできます。髪が広がる根本を抑えて、毛先のパーマを活かす方法です。トライしてみたい人は美容師さんにご相談くださいね。

2 ストレートパーマをかける

こちらも髪が広がる季節の湿気対策ですが、髪の毛の長さが短い方に有効です。髪の毛の短い人に縮毛矯正をかけると、不自然な髪型になりやすいです。ストレートパーマならばピンピンした髪質にならずに、髪が広がるくせ毛をある程度抑えてくれます。

縮毛矯正のように、髪をピンピンとしたまっすぐにする効果はありませんが、汗を掻いたときに出る髪のボリュームなどはしっかりと抑える効果があります。髪が広がる人で髪の短い方には、お勧めの湿気対策です。

※ストレートパーマと縮毛矯正の違いはこちら

3 くせ毛を治す効果のあるドライヤーを使う

くせ毛を治す効果のある美容院業務用ドライヤーです。低温のマイナスイオンドライヤーで髪が広がる人にも効果があります。マイナスイオンの効果でくせ毛を治すことができ、ボリュームのある髪も抑えてくれます。

いつも定期的に縮毛矯正やストレートパーマをかけていたお客様が、低温マイナスイオンドライヤーを使うことにより、髪の毛がサラサラになり縮毛矯正やストレートパーマをしなくても良い髪質になりました。低温のドライヤーは、熱による髪の毛のダメージがありませんので、髪を痛めることもありません。髪の毛が多くて太い人や、髪が広がる人にはおすすめのドライヤーです。

4 洗い流さないトリートメントを使う

美容師おすすめ!くせ毛改善洗い流さないトリートメント

髪が広がる原因には、髪のダメージや乾燥も大きく影響しています。髪の保湿効果が1番高い、くせ毛を伸ばす洗い流さないトリートメントを使うことで、髪のダメージや乾燥による、髪が広がる症状を改善してくれます。

髪の長い女性なら、洗い流さないトリートメントオイルをつけると、すぐに効果がわかると思います。髪が濡れているうちに、洗い流さないトリートメントオイルをつけて髪を乾かしてください。

tu

5 毛穴の皮脂を取るシャンプーを使う

毛穴の皮脂が原因で、くせ毛になっているのをご存知ですか。まっすぐに生えようとしている髪の毛の、邪魔をしているのが毛穴の皮脂です。毛穴の皮脂があることで、髪がねじれて生えてきます。これが今の日本人に最も多いくせ毛の症状です。

※参考 
毛穴の皮脂を取る効果の高いシャンプーランキング!!

癖毛を治すシャンプーベスト3!美容師がおすすめ

ですから毛穴の皮脂をしっかりと取ることで、くせ毛を減らすことができます。手っ取り早く、くせ毛を治す方法ではありませんが、くせ毛の髪質改善を考えるのであれば絶対に必要なことです。くせ毛を治すシャンプーもお勧めします。

ghghfnm

まとめ

美容師が教える梅雨の湿気対策いかがでしたか?今回ご紹介した5つの方法が、髪が広がるくせ毛を治す方法です。

※くせ毛の原因と治し方!美容師が癖毛を改善直す方法を教えます。

ネットを見ていると梅雨の湿気対策に、ワックスやクリームを塗る等の対策方法も紹介されていますが、一度湿気を含んで膨らんでしまった髪には逆効果です。なぜならワックスやクリームにも水分が含まれているからです。

外に出ていて髪が広がってしまうと、なかなか治す事はできませんので、外に出るまでの対策方法が重要です。ぜひ試してみてください。(笑)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です