美容師おすすめロールブラシ!使いやすいロールブラシ3つの使い方

今回はお客様からの要望が多い、ロールブラシの紹介をいたします。

ghf

僕たち美容師はお客様の髪をスタイリングする時に、いつも使っているロールブラシ。

※参考
クラッシー【ストレートパーマ用ヘアブラシ】
ロールブラシアイロン海外対応/最高温度200℃/業務用/カール…

今の時代の髪型には、必要不可欠な道具だと僕たち美容師は思っています。

美容院でのセットを見ていて、お客様もロールブラシを購入したいそうですが、どこに売っていて、自分はどんなロールブラシを使えばいいのかなどを、教えてくれるところがないので、いつも迷っているそうです。

僕の美容室でも、そんなにロールブラシを積極的にお客様におすすめしていませんでしたので、こんな話をお客様に聞いて、申し訳ない気分になりました。

最近では、お店でも積極的にロールブラシの使い方などを、スタッフ皆んなでお客様に説明しています。(とっても喜ばれていますよ。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そこで今回は、お店でもおすすめしているロールブラシの使い方と、どんなときに使うのかなど、まとめて美容師が紹介しちゃいます。

tyr

自分に合ったロールブラシが見つかると思いますので参考にしてみてね。

おすすめロールブラシ3つ

1 ロールブラシ大

髪の長い人は絶対持っていてほしいロールブラシです。実際に僕のお店で使っているロールブラシです。

毛がナイロンではないので、使うほどに髪が絡まらなくなって、使いやすくなっていきます。もちろん静電気も起きにくいのでおすすめです。

使い方は、髪の長い人のツヤ出しや毛先を内巻きにするときに使います。髪の毛がロールブラシ巻きつきやすいですので、とても使いやすいですよ。

良く似たロールブラシもありますが、これが1番良いです。(最初毛が絡まりますが、一か月ほどで馴染んできて、絡まらなくなりますので安心してください)

2 ロールブラシ中

実際に僕のお店で使っているロールブラシ中です。

こちらのロールブラシ中は、毛が絡まないのが特徴です。癖毛や髪が傷んでいたり、髪の細い人はロールブラシを使うと髪が絡まりやすいです。

髪が絡んでいる状態は、髪をこすっている状態なのでキューティクルが傷つきやすく、髪のダメージにつながります。

そんな絡まりやすい人にはおすすめ出来るロールブラシです。

使い方は、ミディアムぐらいの人の、髪のツヤ出しや、長めの前髪を流す時に使えます。

いつもセットの時、髪が引っかかっている人には、おすすめ出来るロールブラシです。

3 ロールブラシ小

実際に僕のお店で使っているロールブラシ小です。

細かい作業がしやすい、短い髪の毛に適したロールブラシです。

使い方は、前髪を流したり、短い髪のくせ毛を伸ばす時に使います。毛先に強めのカールを付ける事も可能ですので、使い方のバリエーションはとても多いです。

メンズの前髪のくせ毛も伸ばせるので、メンズにもおすすめ出来るロールブラシです。

ghtr_112814_035544_PM

今回は実際に美容室で使っているおすすめロールブラシを紹介しました。

最近では髪型のセットにアイロンを使う人も多いですが、アイロンは熱で髪を傷めます。

できればロールブラシでセットした方が髪は傷まないので、うまくロールブラシを使ってセットしてほしいと思っています。

以上、美容師おすすめロールブラシの紹介でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です