口コミ人気1位!利尻ヘアカラートリートメントの使い方!すぐ染まる方法

利尻ヘアカラートリートメントが、大変売れていると言う情報を聞きましたので、放って置けずにブログにて紹介いたします。市販のヘアカラートリートメントはたくさん出ていますが、なぜ利尻ヘアカラートリートメントが売れ続けているのか?美容師としては調べずにはいられませんでした。口コミで人気の利尻ヘアカラートリートメントの売れている理由を解析いたします。

ghtgf

公式サイト 利尻ヘアカラートリートメント/初回限定1000円OFF

スポンサーリンク
スポンサーリンク

利尻ヘアカラートリートメントの特徴

利尻ヘアカラートリートメントの特徴を調べてみるとたっぷりとありました。一つ一つ紹介していきますのでぜひご覧ください。

1 ノンシリコンの無添加

利尻ヘアカラートリートメントは早く白髪に色が染まると聞いていたので、化学物質や合成成分などを使用しているのかと思いましたが、無添加処方のトリートメントなので少し驚きました。

どうしても無添加のヘアカラートリートメントとなると、髪がパサついたり白髪に色が入らない場合が多いです。しかし利尻ヘアカラートリートメントは時間を10分おくことで白髪にしっかりと色が入ります。白髪に色が早く入る効果が1番の特徴のようです。

2 値段が安い

定価の価格は3000円なので特別安い値段ではありませんが、初めて購入される方は初回割引の1,000円が使えるので、2,000円で購入することができます。2,000円となるとヘアカラートリートメントの中では割と安い方の価格で、初めて購入される方にはお求めやすい値段だと思います。利尻ヘアカラートリートメントが売れている理由は値段が安いところも関係しています。

3 白髪が染まる色素は天然由来の植物色素

先程も言いましたが利尻ヘアカラートリートメントは無添加処方で作られていますので、白髪を染める成分は化学物質などではありません。すべて天然由来の植物色素を利用しています。ですから髪の毛や頭皮にダメージもほとんどなく、白髪をカバーすることができます。白髪を染めている色素が全て天然由来の植物色素であると言う特徴も、人気の理由だと思いました。

4 トリートメント成分は天然の利尻昆布

利尻ヘアカラートリートメントはシリコンを含んでいないので、洗い上がりにぱさつきがあると思いましたが、実際はトリートメントを流した後も、ドライヤーをした後も、髪はさらさらな状態です。

これは利尻ヘアカラートリートメントに含まれている天然の利尻昆布の効果です。保湿成分として優れた利尻昆布の成分で、化学物質と変わらないトリートメント効果を感じられます。利尻ヘアカラートリートメントはトリートメント成分も天然成分を利用していますので、髪や頭皮にやさしい作り方で、中高年の女性の髪の毛と頭皮を守るためにもオススメできます。

5 頭皮のエイジング効果

天然由来成分の植物エキスや利尻昆布など、保湿に優れた成分を多く含んでいますので、利尻ヘアカラートリートメントは頭皮の乾燥を防いでくれる効果もあります。年齢とともに頭皮は乾燥しがちになりますが、保湿成分の多い利尻ヘアカラートリートメントを使用していると頭皮のエイジングケアもできると思いました。

ヘアカラーなどを繰り返して頭皮が赤く乾燥している女性にはお勧めできると思います。

利尻ヘアカラートリートメントの評判が判る口コミ

利尻ヘアカラートリートメントを実際に使用している人の口コミを紹介しておきます。なぜ評判が良いのか?なぜリーピーターが多いのか?が分かると思いますよ。

あと実際に私と私の妻!もう1人、いつも美容院で白髪染めをしている妻の知り合いの女性に、利尻ヘアカラートリートメントを使ってもらいました。実際に使ってみて感じた感想もまとめて紹介しておきます。利尻ヘアカラートリートメントの口コミや評判が知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

口コミ

「これで染める日はシャンプーはしない。乾いた髪に直接塗った後、30分~1時間くらいキャップをかぶって(あるいはラップして)放置してから、お湯で流すだけでいい」と書かれていました。
いつも流した後は普通にシャンプートリートメントをしていたので、驚きながらもその通りにしてみました。
そうしたら、これまでよりもずっと色の定着が良いし、乾かしてからもシャンプーしたときより髪が柔らかく、つやが出た感じになりました。
トリートメントも何もつけずに乾かしたにもかかわらず、爆発したりせずしっとりまとまったので、2度びっくり。
お湯が透明になるまで良く良く流すので、シャンプーしてないからといって不潔感も感じません。
それ以来シャンプーは次の日にするようになりました。
染める日の手間が減って、効果もUP。
正式な説明書には何と書いてあったか忘れましたが、私はこっちの方法が気に入っています。

髪の内側に白髪を発見したので使用してみました。ネットで検索して、1番染まりやすい方法で乾いた髪に塗り込み30分放置後、お湯で洗い流すのみ!1回でも染まりましたが、2回目の方が確実に染まり、しかもツヤも出ました。
サラサラになったし、思ったよりは簡単だしまたリピートします!

嫌な匂いがない♪
2色購入して使い比べてみました。写真は左がダークブラウン、右がブラック。
美容院から3週間たつと生え際の白髪が目立ちはじめるので、顔周りと頭頂部の分け目のみのリタッチに使っています。ダークブラウンは赤みがあり、ブラックのほうがしっかり染まりました。リタッチには自分の髪の色よりも少し暗い色を選ぶといいそうです。 私はダークブラウン1色よりもブラックのみか2色混ぜた色のほうがあいました。
基本の使い方(シャンプー後に使用)だと1回では染まりきりませんでした。今はなくなりませんが、夏にショップの説明に書いてあった、乾いた髪に使う方法のほうがよく染まります。私は乾いた髪に毛染め用のブラシでたっぷりつけて、手袋をつけた指で髪の毛に軽くもみこんで、シャワーキャップをしてしばらく放置、シャンプーで2回洗っています(普段、化粧品で肌トラブルはありません。乾いた髪へは基本の使い方が大丈夫で、肌の強いかたのみにオススメ)
良い点★顔のまわりに事前にクリームを塗らなくてもよい。専用クレンジングを使わなくてもシャンプーや洗顔で落ちるので、地肌が染まらずお肌にやさしそう。嫌なにおいがなくて、髪もパサつかない。
いまいちなところ★お値段(笑)私はリタッチのみなので長く使えそうですが、市販のと比べて高いと思います。私は市販のヘアカラーだと臭いで体調が悪くなることがありますが、これは大丈夫なので気に入っています♪ただ市販のヘアカラーのほうがよく染まるので、市販のが問題なく使える方にはオススメしません。
動画はブラック。一緒に写っている毛染め用ブラシは他の白髪染めについていたのを使っています。ショップの紹介では素手で使う写真がのっていますが、爪の間にはいったら嫌なので手袋も使用(100円均一のたくさん入っている薄いビニール手袋でも大丈夫でした)容器は口を大きく&柔らかくした形状変更後のボトルみたいですが、まだ堅いと思います。片手で出そうとするとなかなか出ず、手がフルフルします(笑)
私が購入した7月末はおまけが利尻シャンプーパウチ(1回分)のみでしたが、その直後からそれ以外にもプレゼントがついていることもあり、もう少し後に買えばよかったなぁ…私は使いかけをもらってよかったので、現品2本セットを購入しましたが、こういう商品にこそ色や使用感のお試しセットがあるといいのにと思います。

美容師としての感想

いつもは自分の美容院で黒色のヘアマニキュアをしていたのですが、最近とても忙しくて全くヘアマニキュアをしていなかったので、真っ白な髪の状態で利尻ヘアカラートリートメントを使ってみました。

手に取ってたっぷりと髪の毛つけましたが、形状も水っぽくなく髪の毛を充分多い隠していたので、大変使いやすいと思いました。ヘアカラートリートメントは水分が多すぎると白髪が染まるないのでその点は良いと思いました。

実際に10分しっかりおいて、その後シャワーで流しましたが、一度でうっすらと白髪に色が入っているのを確認できました。私の髪の毛は短くしているので割と硬い白髪ですが、一度でうっすらと染まっていたので、細い髪の毛の人ならもっとしっかりと染まるのではないかと思いました。

ネットを見ていると利尻ヘアカラートリートメントを使うと、手も染まると書いてありましたが、軽く石鹸で洗っただけで私の場合はきれいに落ちました。美容師なのでトリートメントを素早く塗ることができたところも関係しているのかもしれません。手の色が気になる方は安い手袋をして使ったほうがいいかもしれませんね。
ccnIMG_0312

IMG_0311

その他の使った感想としては、においもヘアカラーのような嫌なニオイもありませんし、地肌が黒く染まることもなかったです。連続で四日間使ってみましたが、使うたびに白髪に色が入っていくのが分かったので、白髪をカバーしたい人には良いヘアカラートリートメントだと思いました。

美容院で白髪染めをした方が早くきれいになりますが、白髪染めができない人には良いトリートメントなのかもしれませんね。使って嫌な感じはしなかったです。

妻の感想

いつもはおしゃれ染めのヘアカラーをしているのですが、今年に入り生え際に白髪が気になっていたので、今回お勧めされた利尻ヘアカラートリートメントを使ってみました。黒いトリートメントを髪の毛に塗るのには勇気が入りましたが、臭いも嫌なにおいが全くなかったのでよかったです。

手が汚れると聞いていたので手袋をして髪の毛全体に塗りました。色が黒いトリートメントなのでヘアカラーのようなイメージをしていましたが、髪の毛にも塗りやすく、使っている感じはいつものトリートメントと変わらないと思いました。

主人に(たっぷりとつけないと白髪は染まらないよ!)と言われたので、生え際の気になる白髪の部分には少し多めにつけておきました。10分時間を計ってしっかりと流しましたが、流した感じもいつものトリートメントと一緒な感じです。

髪の毛を乾かして白髪を見てみましたが、うっすらと白髪に色が入っていました。私が今回使ってみた利尻ヘアカラートリートメントのカラーは、新しく発売されたナチュラルブラウンです。もともと髪の毛を明るくしていたので暗くなるのは嫌だったので、割と明るめのカラーを選びました。

主人はブラックを使っていましたが、一度で割と色が入っていたので、私も髪の毛の色も黒くなるかと心配していましたが、ナチュラルブラウンだと自毛の色も変わらずに白髪がだけに色が入るそうです。その後も連続して1週間使用してみましたが、1週間後には白髪に割と深く色も入り、遠目で見ていると白髪が減っているような感じでよかったです。

もう少し白髪が増えてくると、おしゃれ染めから白髪染めに変えなくてはいけないと思いますが、生え際に数本程度の白髪ならヘアカラートリートメントでもごまかせるのでいいかもしれませんね。また白髪が気になったら使ってみようと思いました。

50代女性の口コミ評価

私は1ヵ月に1度定期的に美容院で白髪染めをしています。今回ヘアカラートリートメントを紹介していただいたときは、頭皮の状態があまりよくなく、白髪染めを2カ月間していないときに、利尻ヘアカラートリートメントのモニターをお願いされました。

もともと頭皮が弱いのでいつも美容院で白髪染めをした後は、地肌が痒くなりフケなども多少気になっていました。今回白髪が2センチ程度伸びた状態で、根本の白髪だけをごまかしたくて、利尻ヘアカラートリートメントを使ってみました。

根元以外の毛先の髪の毛の色をあまり暗くしたくないので、根本の白髪にだけダークブラウンの利尻ヘアカラートリートメントを塗りました。割と硬いトリートメントなので根本だけにトリートメントをつけるのも思った以上に簡単でした。

10分時間をおいて流してみましたが、根本の白髪はしっかりと染まってはいませんでした。分け目やつむじの白髪も、まだほとんど白いままで、一回で白髪染めと同じ効果は出ないみたいですね。その後も1週間根本にだけ利尻ヘアカラートリートメントを使って白髪を染めようとがんばりましたが、白髪染めと同じ効果はまだ出ていません。

でもちょっとずつ白髪に色が入っているのは自分でもわかります。もう少し続けていくと、もっと染まると思うのでもう少し続けていこうと思います。美容院で白髪染めをした後は頭皮が痒くなりますが、利尻ヘアカラートリートメントを使うと別にかゆくならないので、頭皮には優しいみたいです。

頭皮に刺激も無いのでこれで、白髪がしっかりと染まればこちらの方が良いかもしれませんね。匂いも臭くないので口コミで人気が出ている理由も何となくわかったような気がします。便利なトリートメントだと感じました。

jgfhft

他のヘアカラートリートメントとの比較

利尻ヘアカラートリートメント以外にも、多くのヘアカラートリートメントや白髪染め用のトリートメントが出ていますが、どこが違うのでしょうか?今、口コミで人気の出ているルプルプヘアカラートリートメントと比較して、わかりやすく紹介してみます。

LPLP公式サイト ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

価格

利尻ヘアカラートリートメントとルプルプヘアカラートリートメントの価格はほとんど同じですが、初回お試しキャンペーンがあるルプルプの方が、初めて購入する場合は少し安くなります。価格の差は200円程度ですが、購入を迷っている女性は値段を絶対に気にしますので、最近ルプルプが売れている理由かもしれませんね。

匂い

臭いは無香料の利尻ヘアカラートリートメントに対して、ルプルプはうっすらとラベンダーの香りがします。トリートメントの匂いに関しては好みが大きいので一概に比較はできませんが、この匂いなら私は利尻ヘアカラートリートメントの方がいいと思いました。

普通のトリートメントの場合はもっといい匂いのトリートメントがありますので。さっぱりと無香料の利尻ヘアカラートリートメントに軍配が上がりました。

使いやすさ

ルプルプヘアカラートリートメントはチューブに入っているトリートメントです。一方、利尻ヘアカラートリートメントはプラスチック容器に入っています。最初使いやすいのはチューブに入っているルプルプヘアカラートリートメントなのですが、最後のほうは、中のトリートメントを使い切ることが難しく、ハサミで切って使っていました。

利尻ヘアカラートリートメントは硬いプラスチック容器に入っていますが、逆さまにしておいておくと下のほうにトリートメントが溜まりますので、強く押すことで中身が全部出るので最後まで簡単に使うことができました。容器は固いプラスチックボトルの方が使いやすいと思います。

リピート率

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントと、利尻ヘアカラートリートメントの口コミや評価を比較してみたところ、リピーターが多いのは利尻ヘアカラートリートメントです。

口コミの数や口コミをしている人がほとんどが、長く利尻ヘアカラートリートメントを使っている人なので、売れている累計本数が多いのも納得です。しかも4年連続ランキング1位であるのもリピーターが多い証拠です。リピーターが多い白髪染めトリートメントと言うカテゴリーでは、利尻ヘアカラートリートメントの方が上だと感じました。

利尻ヘアカラートリートメントとルプルプヘアカラートリートメントの染まり具合を比較

mvbhんgキャプチャ

利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合

1回

IMG_0794

3回

IMG_0798

7回

IMG_0803

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントの染まり具合

1回

IMG_0795

3回

IMG_0799

7回

IMG_0804

7回染めた比較画像

mkghmjjキャプチャ

人気のルプルプヘアカラートリートメントと比較してみました。参考になりましたか?

fjキャプチャ

美容師おすすめの方法!すぐ染まるヘアカラートリートメントの使い方

ここで美容師がおすすめするヘアカラートリートメントの使い方を紹介しておきます。この方法を使えば、説明書に書いてある方法よりも、早くすぐ染まると思います。美容師しか知らない使い方!裏技テクニックの方法を紹介します。

1 ヘアカラートリートメントを使うときには髪の毛が乾いた状態で使う

利尻ヘアカラートリートメントを使うときは髪の毛が乾いた状態で使った方が、早く白髪に色が入ると思います。髪の毛が濡れた状態で使うヘアカラートリートメントもありますが、利尻ヘアカラートリートメントの場合はそれなりに水分量もあるので、乾いた状態で使用した方が白髪に早く色が入ると思います。

スタイリング剤のついていない方は、シャンプーする前に塗った方が早く白髪が染まりますよ。試してみて下さい。

2 ヘアカラートリートメントの量は多めに

ヘアカラートリートメントで白髪を染める時は、たっぷりとつけたほうが早く白髪に色が入ります。薄くヘアカラートリートメントを髪に伸ばしてしまうと、白髪もなかなか染まらなくなりますので、早く白髪を染めたい方はケチらずにたっぷりと使ってみてください。

トリートメントを髪に塗ると言うよりは、ヘアパックをする気持ちでたっぷりと塗りましょう。特に生え際やつむじ、根本のリタッチなどの白髪を染める場合には重要です。

3 ヘアカラートリートメントを塗るときはクシで梳かさないこと

ヘアカラートリートメントを付けた後はクシなどを使って梳さないでください。ヘアカラートリートメントを髪の毛全体に馴染ませる方法として、クシを使っている人も多いと思いますが、クシを入れるとヘアカラートリートメントを剥ぎ取ることにもなるので、手を使って根本にヘアカラートリートメントを溜める感覚で塗りましょう。塗り終わったら櫛でとかしてはいけません。

4 放置中は髪の毛を温める

髪の毛を温めるとキューティクルが開き、ヘアカラートリートメントの色素が髪の中に入りやすくなります。ですからヘアカラートリートメントを塗って放置するときには、なるべく髪の毛を温めてあげましょう。

自宅にサウナがある方はヘアカラートリートメントを塗ってからサウナに入ると、ものすごく白髪に色が入りますよ。私は自宅にサウナが無いので利尻ヘアカラートリートメントを使った際には、蒸しタオルを頭に巻いて湯船にゆっくりとつかって温めていました。ヘアカラートリートメントを使っている方は自宅にサウナがあるととってもいいですよ。笑

5 時間をおけばおくほど色が早く染まる

ヘアカラートリートメントは時間をおけばおくほど白髪に色が入ります。利尻ヘアカラートリートメントは10分放置と書いてありますが、長く時間をおけばおくほど白髪に色が入りますので、早く白髪を染めたい方は時間をなるべくおきましょう。

ヘアカラートリートメントを塗って1時間時間をおくと、想像を超えるほど白髪に色が入りますよ。お試しください。

6 シャワーで流す前にいちど冷やす

髪の毛は冷やすとキューティクルが引き締まります。温めて髪の毛の中に色素を入れてから、最後に冷やしてあげることでキューティクルが引き締まり、色素が外に逃げて行かなくなります。涼しいところで髪の毛を冷やしてもいいですし、さっと冷水をかける方法もありです。ヘアカラートリートメントをすすぐ時のお湯の温度もなるべく低めにしてください。

7 洗い流さないトリートメントオイルは使わない

ドライヤーの前に使う洗い流さないトリートメントですが、オイルタイプはヘアカラートリートメントの色素を落とす可能性があります。オイルの入った洗い流さないトリートメントは使わないようにしてください。洗い流さないトリートメントはクリームタイプかミストタイプがおすすめです。

7 スタイリング剤もオイルに注意

お出かけの前に使用するスタイリング剤もオイルの含まれていないものを使いましょう。オイルが多く含まれているスタイリング剤は、ヘアカラートリートメントとはあまり合いませんので注意してください。

利尻ヘアカラートリートメントを使用する際の注意点

ここまで利尻ヘアカラートリートメントの良いところばかりをお伝えしてきましたが、デメリットもございます。使用する際には注意して下さいね。

利尻ヘアカラートリートメントの成分の中には昆布の鉄分が含まれています。こちらの成分は髪の毛や頭皮に良い成分なのですが、美容院で使用するヘアカラー剤と化学反応をして、髪の毛が緑色に発色する報告が出ています。

ですから美容院でヘアカラーをされる人は、利尻ヘアカラートリートメントを使うと髪の毛が緑色に発色してしまいます。パーマやヘアカラーなどをしない方は大丈夫なのですが、この点だけは注意してくださいね。一度緑色に発色してしまうと、なかなか元に戻すことができないので。

※市販の白髪染めを使ってセルフカラーをしている方も同じですので、使い方にはご注意お願いいたします。

gんfg

まとめ

口コミでの人気が1番いい理由は早く染まる効果と、リピーターの数が最も多いからだと思いました。

利尻ヘアカラートリートメントには髪の毛を痛める成分が含まれていないので、長く使い続けても髪が痛まないところがリピーターを増やしている理由です。トリートメントにシリコンが含まれていないので、髪の細い中高年の女性が使用しても、髪の毛がふんわりとボリュームアップするところも人気の秘密だと思いました。

白髪染めヘアカラートリートメントを購入する際にはぜひ参考にしてみてください。

※一時的に白髪をカバーできる無添加タッチペン(筆)タイプの白髪かくしも人気です

【利尻白髪隠し】

vmvb

公式サイト [無添加]利尻白髪かくし/初回限定1000円OFF

生え際や分け目の白髪にサッと塗って使える、タッチペン(筆)タイプの無添加ノンシリコーン、潤い成分の天然利尻昆布エキス配合の白髪かくしです

※関連記事

部分染め利尻白髪隠しの使い方!美容師おすすめ

利尻白髪隠しの使い方!きれいに染まる白髪染めのやり方

以上、(口コミ人気1位!利尻ヘアカラートリートメントの使い方!すぐ染まる方法)でした。



The following two tabs change content below.
トニータクヤ

トニータクヤ

美容師歴22年の現役美容師兼6店舗を経営するオーナー「トニータクヤ」です。最近は講師活動で全国を旅する事も多いですが、日々美容の研究と綺麗になる情報収集に全力を注いでいます。 趣味:仕事と食べ歩き美味しい食事とお酒で楽しい時間が大好き。 好きな食べ物:ラザニアと生パスタ主にイタリアンが大好き。 座右の銘:て・き・と・う タモリさんと同じ(笑) 血液型:たぶんA型
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です