二重あごをなくす方法!短期間で簡単に効果が出るマッサージの紹介。

お客様からの悩み相談!(二重あごをなくすには?)です。年齢とともに肌がたるんできて、二重あごが気になっているお客様からのご相談でした。

h

昔はそんなに気にならなかったはずの顔周り!年齢とともに体重も増えがちで、顔まわりにも贅肉が・・・。

下を向いた姿勢の時に気になる二重あご。何とかならないものかと相談されました。

僕の美容師ネットワークで調べてみると、エステの最新情報、二重あごに短期間で効果があった簡単マッサージの情報がありました。

そこで今回は、最新の二重あごをなくす方法を、このブログでも紹介します。

二重あごが気になっている方にはおススメの情報ですよ。

※参考
大ヒットフェイシャルリフトアトワンスが防水仕様で新発売!たるみや二重アゴ、ほうれい線をス…

小顔 小顔グッズ グッズ 小顔マスク マスク 二重あご 小顔矯正 たるみ フェイス アップ【送料無…

まずは二重あごを知るところから!

二重あごの原因

二重あごの主な原因は4つ!

1 太った事によるぜい肉が原因

昔は気にならなかったのに、いつの間にか出来てしまっていた二重あご。1番多い原因が、太った事による顔まわりのぜい肉です。思いあたる人!昔の体重と比べて見て下さい。

2 姿勢が良くない

姿勢が良くないと、あご付近にたるみができやすく、二重あごに見える原因となります。猫背などの姿勢も二重あごの原因になります。

3 あごの筋肉の老朽化

あごの筋肉が落ちてくると二重あごの原因になります。食生活の変化が、あごの筋肉の老朽化に影響していると考えられています。

4 顔の筋肉の衰え

顔全体の筋肉も二重あごに大きく影響しています。子どもの時のように、笑わなくなっている事なども、二重あごの大きな原因です。

二重あごをなくす簡単マッサージの方法紹介。
l
お待たせしました!短期間で効果がでる方法ですのでやってみて下さいね。

やり方

1 閉じた手の状態で、頬に両手をあててください。内巻きに5回、外巻きに5回、大きく回します。

 

2 耳の根本からあご先まで、手でつまめるお肉を、つまんだり離したりを繰り返してマッサージをします。10回

 

3  手のひらを使って、首の根元のお肉を、あごに持ち上げるイメージで10回、押し上げましょう。

 

4 手のひらを使って、あご先にたまったお肉を、こめかみに押し上げるイメージで10回、押し上げましょう。

1週間ぐらいの短期間で効果が期待できます 。すぐに始めましょう。

※参考 簡単に小顔になれる方法!自宅でできる効果の出るやり方のまとめ

効果のでなかった人に!裏技!二重あごをなくすトレーニングです。

これは女性のスタッフに聞いた、もう一つ実績のあった方法です。目的は違うトレーニングなのですが、二重あごにも効果が!短期間で効果が出たそうなので紹介しますね。

・あごの周りの筋肉を鍛えるトレーニング

立った状態で姿勢を良くして、真上を向いてください

大きく口を開けて心の中で1・2・3と数えてください

次に、口を小さく閉じて心の中で1・2・3と数えてください

そのままの状態で、(舌を思いっきりだして戻す)を、3回繰り返してください

これが1セット!3セットしてください。効果は、舌の筋肉の強化と、あご周りの筋肉の強化です。

・ほほを引き締めて小顔効果のあるトレーニング

立った状態で姿勢を良くして、正面を向いてください

大きく口を開けて、舌を高速で出したり入れたり10回繰り返す

これも3セットしてください。

効果は、耳の下の筋肉と、ほほの筋肉の引き締めです。

ui

・血の流れを良くしてタルミを取るトレーニング

立った状態で姿勢を良くして、手を大きく真上に伸ばし、顔も真上を向きます

大きな声で『あっ、えっ、いっ、うっ、えっ、おっ、あっ、おっ、』と元気良く、リズム良く発声します

一日3回するだけで、首から顔にかけての、血の流れが良くなり、首全体のたるみ引き締め効果があります

トレーニングを行った後は、冷たいタオルで首からあご付近を冷やしてあげると、クールダウンの効果があります。トレーニングの後にはクールダウンを忘れずに!

今回ご紹介した、二重あごをなくすマッサージとトレーニング。簡単そうですがシッカリやると、筋肉痛になるほどしっかりした運動です。短期間で二重あごにも効果が出ますので、3日坊主にならないよう、続けてやってみて下さいね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です