縮毛矯正による毛先のダメージ!はねる、パサパサ、チリチリを治す方法。

縮毛矯正をした後の毛先が傷んでしまって、はねる、パサパサ、チリチリで悩んでいるお客様は未だに多いと思います。

昔よりは、縮毛矯正の技術や薬も改善されて、髪の傷みも出ないようにはなっているのですが、未だに未熟な美容師さんの技術の場合は、毛先にダメージが出やすいと思います。

※参考
洗い流さないトリートメントで1番効く資生堂….

サロン専売品シャンプー、トリートメントが最大40%OFF♪

そこで今回は、お客様の悩み解決ブログ!

縮毛矯正による毛先の、はねる、パサパサ、チリチリを治す方法を勉強しましょう。

スポンサードリンク
[adrotate banner=”4″]

ghm

毛先のダメージを治す方法の前に、何故、毛先が痛むのかの簡単な勉強から。

髪の毛の毛先が痛む理由は簡単で、毛先の髪の毛の方が、生まれてから時間が経っていて、すでにダメージが出やすい状態だからです。

根元と毛先の違う状態の髪に毛に、同じ縮毛矯正などの薬をつければ、毛先が痛むのは当たり前です。

ですから、上手な美容師さんは、髪の根本の薬と、ダメージのある毛先の薬を変えるなどをして、手先が痛まないように工夫しているのです。

毛先を傷めない方法としては、ダメージのある手先に、前処理剤と言うトリートメントをつけて、毛先をダメージからカバーする方法もあります。

どちらにせよ髪の毛の状態をしっかりと把握してか、ら縮毛矯正の薬などを使う必要があるのです。

hjg

途中の工程で使うストレートアイロンも、髪の根元と毛先の髪の工程では、温度を変えることをお勧めします。

毛先の弱い髪に毛に高温のストレートアイロンで処理をしてしまうと、どうしても、はねる、パサパサ、チリチリな状態になりやすいです。

ダメージのある毛先の場合は、ストレートアイロンの温度低めに調整してストレートアイロンをすることが、毛先にダメージの出ない秘訣です。

このように、一見簡単そうにやっている縮毛矯正ですが、実はとても奥の深い工程で難しい技術なのです。

ですから値段だけでお店を選ぶのではなく、上手な美容師さんに縮毛矯正をしてもらうことが、後々のお手入れも簡単で良いと思いますよ。

jhg

スポンサーリンク
スポンサーリンク

それでは、縮毛矯正による毛先の、はねる、パサパサ、チリチリを治す方法の紹介です。

毛先がはねる場合

毛先がはねるのを治す方法は、カットをし直すか、洗い流さないトリートメントを付けることで治す事が出来ます。

毛先がはねる場合の原因としては、カットがうまく切れていないために、毛先がはねる場合があります。この場合は上手にカットをし直すことで、毛先がはねることを治せます。

もう一つの原因は、毛先がダメージにより、落ち着かなくなっている場合です。、この場合は髪の中の抜けてしまった栄養分を補充してあげることで毛先が落ち着きます。美容院のトリートメントも効果的ですが、自宅でできる洗い流さないトリートメントでも、毛先を落ち着かせることもできます。

できればこの2つを併用して使うことが、毛先がダメージではねる場合にはオススメです。

毛先がパサパサの場合

毛先がパサパサの場合の考えられる原因は、縮毛矯正が上手にされていない事と、縮毛矯正によるダメージです。

縮毛矯正が上手にされていない場合のパサパサは、もう一度、弱い薬で縮毛矯正をかけることで治すことができます。

ダメージによるパサパサの場合は、毛先がはねる状態と同じく、美容室のトリートメントと洗い流さないトリートメントの併用で直すことが可能です。

自分の髪の毛先の症状をしっかりと確認して、対処することが重要です。

毛先がチリチリの場合

この毛先がチリチリの症状が、今回の3つの毛先の悩みの中でも、一番厄介な症状です。

結論から言ってしまうと、この毛先がチリチリの状態になった場合は、切ってしまう以外に方法はないと思ってください。それぐらいひどい状態です。

美容院のトリートメントや、洗い流さないトリートメントをつけても、少し症状が良くなる程度で改善はしません。

ですから毛先がチリチリの状態にならない様に、処理する事がとても重要です。

もしこの毛先がチリチリの状態になった場合はの僕の知っている最善の方法!

(良くなる確率は30パーセント位の方法ですが!)

サニープレイス 薬用 アミノコンクトリートメントと、サニープレイスの皮膜形成剤フィルム配合、アプルセルCHヘアパックを混ぜて、毛先に塗って低温のアイロンで髪を治す方法』

今回は、お客様の悩み解決コーナーでした。

為になる知識だと思いますので、参考にしてみてくださいね。



スポンサードリンク
[adrotate banner=”4″]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です