ヘアアイロンの巻き方!初心者にでも簡単にゆるふわウエーブができる

今回は、ヘアセットに欠かせないヘアアイロンの巻き方!!初心者の人でも簡単に出来るよう、基本の巻き方を紹介します。

Processed with Moldiv

ファッション誌に出ているトレンドな髪型も、今はほとんどがアイロン仕上げです。ブローやパーマでは出来ない質感をヘアアイロンは出してくれます。そんなヘアアイロンですが、間違って使ってしまうと一気におばちゃんヘアに!!
※参考
美容師おすすめ最新ヘアアイロン!ヘアアレンジに便利な5つを紹介

有名女性誌掲載!ぷるんとした思わず触りたくなる愛されボディへ。楽天1位の天然ハーブ、プエラ…

しかもヘアアイロンは高温の為、使いすぎると髪も痛みます。出来ることなら一回で、髪を痛めずキレイに決めたいですよね。

そこで今回は、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘアアイロンの巻き方!初心者の人でも簡単に出来る基本編を紹介します。

シッカリ勉強してトレンドの、ゆるふわウエーブ作っちゃいましょう。(笑)

美容院でも使っているアイビルのヘアアイロンを使って紹介しますね。

1電源を入れないで練習しよう

a
引用http://www.rasysa.com/special/200711001/base_00.html

初めてヘアアイロンを使う人は、電源を入れないで冷たいままの状態で練習しましょう。ヘアアイロンはとっても高温になります!!間違って肌についてしまうと大やけどに!!まずは冷たいアイロンで練習してね。

2ヘアアイロンの持ち方

b
引用http://www.rasysa.com/special/200711001/base_00.html

写真のように、人差し指と中指でクリップを開く持ち方が基本です。

3毛束の量は3×3

c
引用http://www.rasysa.com/special/200711001/base_00.html

さぁ実際の練習です。まずは毛束を取り出してください。基本の取り出す毛束の量は、3cm×3cmの正方形ぐらいを目安に!髪の毛が多くてやりにくかったら減らすなどしてください。

4アイロンで髪の毛を挟む

d
引用http://www.rasysa.com/special/200711001/base_00.html

取り出したけた毛束をアイロンに挟みます。この時、出来る限り根元の髪の毛を挟んでください。ボリュームを出す時には必要になってきます。毛先から巻くのではなく根元から巻きましょう。

5 ウエーブをつけていく練習です

e
引用http://www.rasysa.com/special/200711001/base_00.html

毛束の根本からウエーブをつけて行きます。アイロンの先端の黒い部分は、熱くならないようになっていますので、手を添えて安定する状態でウエーブをつけていきましょう。

6アイロンをゆっくりと回す

f
引用http://www.rasysa.com/special/200711001/base_00.html

アイロンをゆっくりとまわしながら、髪の毛をアイロンに巻きつけていきましょう。先端の黒い部分をしっかり持っていることでアイロンが安定しますので、安全です。巻き込みが終わったら、少し時間を置いて髪の毛全体に熱が行き渡るようにしてください。ゆるふわウェーブには重要です。

7ゆっくりと!下に滑らせるように

g
引用http://www.rasysa.com/special/200711001/base_00.html

すべての毛束を巻き込んだ後は、ゆっくりと下に滑らせるようにアイロンを引き抜いていきます、このときのアイロンのクリップは、閉じたり開いたりを繰り返すようなイメージでやるとうまく行きますよ。

まとめ

このヘアアイロンの巻き方練習が、初心者でもゆるふわウエーブを自分で簡単に出来るようになる練習方法です。

実際のヘアアイロンは高温になる為、肌や顔に触れて火傷をする人も少なくありません。その為、初心者の人にも安心な火傷をしないヘアアイロンも出ています。

今回の電源を入れないヘアアイロンの巻き方練習で、自分でゆるふわウエーブを作れると楽しいですよ。

一度トライして見てくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です