正しい洗顔方法!間違った洗顔のやり方を改善しましょう。

正しい洗顔方法を知っていますか?美容院に来るお客様と洗顔の話をしていても、知らず知らずのうちに間違った洗顔のやり方をしている女性も少なくありません。正しい洗顔方法を行っていないと肌荒れやニキビの原因にもなりますので、ぜひキレイな素肌を守るためにも正しい洗顔方法を行いましょう。

vbんvnキャプチャ

間違った洗顔のやり方で毎日洗顔を行っている人はぜひ改善してください!スキンケアの基本である正しい洗顔方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意外と多い間違った洗顔のやり方

普段行っている洗顔のやり方でこのような洗顔をやっている人はいませんか?すべて間違った洗顔のやり方です。すぐに改善してください。

r66うい6キャプチャ

・洗顔のやり過ぎ

洗顔のやり過ぎは肌荒れの原因となります。顔の皮脂や汚れが気になるからといって、1日に3回以上の洗顔は絶対にしてはいけません。肌荒れの原因には皮脂の取りすぎによる肌の乾燥も大きく関係しています。皮脂はお肌をガードしているバリア機能です。皮脂を取りすぎる事は皮脂量の過剰分泌を起こす原因ともなりますので、洗顔のやり過ぎに注意してください。

・洗顔後に保湿効果の高い洗顔料の使用

洗顔後に保湿効果の高い洗顔料は使い心地が良く、肌の保湿効果が高いので良い洗顔料だと思いがちですが、それは間違いです。洗顔の目的は汚れを落とすことであり肌を保湿することではありません。洗顔の後にお肌がしっとりしている状態では、洗顔の後につける化粧水や乳液が浸透しなくなり、肌荒れの原因ともなります。

洗顔の後は少しお肌が引き締まる感じの洗顔料をお使いください。洗顔の後にしっとりと感じる洗顔料は本当に良い洗顔料ではありません。ぜひ覚えておいてくださいね。

・洗顔後の水分の拭き取り方

洗顔を行った後はお肌が大変デリケートな状態です。硬いタオルでお肌を拭いてしまうと、お肌も傷つきやすく肌荒れの原因ともなりやすいです。洗顔後の水分を拭き取るときには、なるべく新しいふわふわのタオルを使い、こすらずにタオルの力で水分を拭き取りましょう。タオルをお肌に押し当てる程度に水分を拭き取るようにしてください。

・暖かお湯での洗顔

洗顔をするときにはお湯を使っていますか?お水を使っていますか?寒いので洗顔にお湯を使っている人も多いと思いますが、洗顔にお湯を使う事は禁物です。温かいお湯は皮脂を落としやすくお肌を痛めてしまいます。なるべく水に近い冷たいお湯などを使い洗顔するようにしましょう。美容院ではお水を使って洗顔をするようにお勧めしています。

・強く擦る洗い方

洗顔の時に強くお肌をこする洗い方は絶対に止めて下さい。汚れを落とすのは洗顔石鹸などの洗顔料の役目です。洗顔料をしっかりと泡立てて顔全体に薄く塗り、優しくなじませるようにして汚れを浮き上がらせて落とします。洗顔料使った状態でお肌を強く擦る事はお肌を傷つける行為です。洗顔料を付けた後は絶対にこすらないように注意してください。

以上がお客様にも多かった間違った洗顔方法です。思い当たる人すぐに改善してください。

df

正しい洗顔方法

素肌力を高めるための正しい洗顔方法です。乾燥肌やニキビ、肌荒れの改善にも効果がありますよ。

・ シンプルな洗顔石鹸を使う

正しい洗顔方法にはシンプルな洗顔石鹸がおすすめです。ドラッグストアなどで販売されている洗顔フォームなどには保湿成分が多く含まれていて、一見使いやすく使用感も良いのですが、お肌の正常化には適していません。汚れを落としてお肌の新陳代謝を促す効果が高い洗顔石鹸を使うようにしましょう。ニキビや肌荒れ改善に効果があります。

※参考記事

自然派石鹸赤のとち姫の口コミが凄い!肌の悩みを改善

市販の洗顔石鹸おすすめランキング!肌の悩みを解決する方法

無添加オーガニック洗顔石鹸おすすめランキング!乾燥肌敏感肌に人気。

・ 洗顔料を使用する前に予備洗いをする

洗顔料を使用する前には顔も手もしっかりと予備洗いしてください。顔の汚れも予備洗いをする事で効果的に汚れを落とす事ができますし、手には細菌が多く付着しています。細菌が付いた手で洗顔をしてしまうと傷付いた皮膚から細菌が入りニキビの原因にもなりやすいです。洗顔をする際には顔と手の予備洗いをしっかりと行いましょう。

・洗顔に使用する水の温度は低めで

寒い日の朝の洗顔にお湯を使っている人も多いのではないでしょうか?冷たい水での洗顔は大変なのは分かりますが、お湯を使った洗顔は必要な皮脂まで落としてしまうので注意が必要です。 毎日行う洗顔の際に温かいお湯を使っていると、どうしても肌に必要な皮脂まで落としてしまい肌荒れの原因となりやすいです。(お水を使って洗顔した方がお肌の為には良い!)という事を覚えておいてください。

・洗顔石鹸をしっかりと泡立てる

洗顔石鹸などの洗顔料はしっかりと泡立てから使用しましょう。泡を使って洗顔する事で肌の摩擦が少なくなり肌を傷付けるリスクも減ります。しかも泡はお肌の汚れを浮き上がらせる効果もあるので、擦らないでも簡単に汚れが落とせます。洗顔料を使用する際には手でしっかりと泡立ててから使いましょう。

・肌は擦らない事

洗顔で重要な事は絶対にお肌を擦らない事です。汚れを落とすのは洗顔石鹸などの洗顔料の役割です。手で強く擦らなくても洗顔料が汚れを浮き上がらせて落としてくれます。特に濡れた肌は刺激に弱くデリケートな状態です。洗顔料を付けた後は絶対に肌を擦らないようにしてください。

・ 皮脂量の多いTゾーンから洗う

洗顔料を付ける順番は皮脂量の多い所からつけましょう。顔の中で最も皮脂量の多い所がTゾーンです。泡立てた泡を最初にTゾーンに付けてお顔全体に泡を延ばしていきましょう。泡を延ばしていくときは指で円を描くようにしてやると簡単に泡を延ばせます。

・水分を拭き取るタオルは新しいふわふわタオルを使う

洗顔が終わった後、水分を拭き取るタオルにも注意が必要です。洗顔の後のお肌は大変デリケートな状態です。古いゴワゴワしたタオルを使って顔を拭くと肌を傷付けてしまう恐れがあります。洗顔の後に使用するタオルはなるべく新しいタオルを使ってください。フワフワタオルがお肌に優しく肌荒れ防止にもつながります。

ghr

洗顔の本当の目的とは?美容師が教えちゃいます。

洗顔の本当の目的をご存知ですか?ほとんどの女性が知らないと思いますので、もう一度説明しておきます。

洗顔の目的は、汚れ落としてお肌を元の状態に戻す事です。プレーンなお肌に戻してあげる事でお肌の新陳代謝が正常に機能してくれ、お肌の持つ自然な力でニキビや肌荒れなどを改善してくれます。洗顔の後はお肌が少しつっぱりを感じるくらいが丁度良い状態です。足りない皮脂を補充する効果が働き、自然と分泌される皮脂でお肌をガードしてくれます。正しい洗顔方法を行いお肌の持つ機能を正常化させましょう。

まとめ

いつまでも若々しくキレイな肌でいるためには正しい洗顔方法が効果的です。

間違った洗顔方法を改善して本来の素肌を取り戻しましょう。美肌を維持する為には大変重要な事です。美容師からの提案でした

以上、(正しい洗顔方法!間違った洗顔のやり方を改善しましょう。)でした。

The following two tabs change content below.
トニータクヤ

トニータクヤ

美容師歴22年の現役美容師兼6店舗を経営するオーナー「トニータクヤ」です。最近は講師活動で全国を旅する事も多いですが、日々美容の研究と綺麗になる情報収集に全力を注いでいます。 趣味:仕事と食べ歩き美味しい食事とお酒で楽しい時間が大好き。 好きな食べ物:ラザニアと生パスタ主にイタリアンが大好き。 座右の銘:て・き・と・う タモリさんと同じ(笑) 血液型:たぶんA型
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です