美容院おすすめトリートメントの効果!リンスやコンディショナーとは違う

お客様からの質問コーナーです。『美容院おすすめトリートメントは、リンスとコンディショナーと何が違うの?』

ghtr_112814_035544_PM

美容院おすすめトリートメントの効果に対する質問ですね。ブログにも同じような質問がありましたので、今回は皆さんにわかりやすく美容院でおすすめしているトリートメントの効果を紹介しちゃいます。

※参考
市販で購入可能なおすすめトリートメント!美容師が選んだランキングベスト10!

洗い流さないトリートメントオイルおすすめ人気ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク






まずは、リンスとコンディショナーの説明から

リンスとはシャンプーをすることにより変化した、髪のPHを戻したり、髪の表面の油分を補う役割を持っています。シャンプーをすることにより変化した髪を元に戻す事がリンスの役割です。

コンディショナーとは、リンスにトリートメント成分が入ったものと考えてください。シャンプーによる変化した髪の毛を戻す役割を持ちながら、若干のトリートメント成分が入っているのがコンディショナーです。

ドラッグストアなどに販売されているシャンプーやリンス、コンディショナー等を、多く成分解析してきましたが、ほとんどのコンディショナーはリンスと同等の役割しかないと考えてください。トリートメント成分は多少含まれていますが、髪に対する効果はリンスとほぼ同じです。

髪のphを戻し、髪の表面にオイルコートすることを目的にしているのが、リンスとコンディショナーです。(稀に質の良いコンディショナーもあります。)

tyr

美容院おすすめトリートメントの効果とは

トリートメントとは、リンスやコンディショナーのように髪の表面に作用する商品ではありません。パーマやヘアカラー、普段の生活により抜けてしまった、髪の中の成分を補充するために作られた物がトリートメントです。

美容院で使っているシャンプーは、ドラッグストアなどに売っているシャンプーとは洗浄成分が違い、髪の油分を取りすぎる事なく髪を洗います。シャンプーによる髪の変化(phの変化)もありませんので、リンスやコンディショナーは必要ないのです。

シャンプーによる髪の変化がありませんので、リンスやコンディショナーを使用せずに、トリートメントを使えるわけです。トリートメントは髪の抜けた成分を補充すると同時に、髪の水分量を正常化する効果もあります。

髪の水分量はくせ毛の方や、硬くてゴワゴワする髪質、梅雨の時期に広がる髪の人にはとても重要です。水分量が少なくなることで髪が広がるからです。髪の毛の長い人で髪の毛をきれいに収めたいのであれば、髪の水分量を整える事が1番効果的です。

ですから美容院では美容師さん達が、リンスやコンディショナーのいらないシャンプーをおすすめして、髪をきれいに収める為にトリートメントをおすすめしているわけです。

gha

まとめ

美容院おすすめのトリートメントの効果は『髪の保湿』。髪の水分量を正常に保つことで、くせ毛や広がる髪を治す効果がある。リンスやコンディショナーは髪の表面に作用して、傷んだ髪を治す効果はない。

今の時代、髪のメンテナンス方法はシャンプー&リンス、コンディショナーではなく、シャンプー&トリートメントです。みなさん覚えておいてくださいね。笑

美容師が紹介するトリートメントの効果でした。

The following two tabs change content below.
トニータクヤ

トニータクヤ

美容師歴22年の現役美容師兼6店舗を経営するオーナー「トニータクヤ」です。最近は講師活動で全国を旅する事も多いですが、日々美容の研究と綺麗になる情報収集に全力を注いでいます。 趣味:仕事と食べ歩き美味しい食事とお酒で楽しい時間が大好き。 好きな食べ物:ラザニアと生パスタ主にイタリアンが大好き。 座右の銘:て・き・と・う タモリさんと同じ(笑) 血液型:たぶんA型
スポンサーリンク
スポンサーリンク






スポンサーリンク






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です