肝斑の原因とは?治療法のまとめ

melasma

スポンサーリンク
スポンサーリンク






肝斑の原因って?

肝斑(かんぱん)は30代~40代くらいの女性に多くみられますが、まれに20代から症状が出ることがあります。男性には現れない女性特有のものです。

妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに現れ、閉経と共に消えることが多いため、女性ホルモンの減少やバランスの崩れなどがおもな原因とされています。

仕事やダイエットなどで過剰なストレスを感じたり、更年期にさしかかることで現れることもあります。

器具を使用した過度のフェイスマッサージを習慣的に行っていたり、タオルなどで強く顔をこするクセがある場合は、そのような物理的刺激で症状が出ることもあります。

また、直接的な原因ではないものの、一般のシミと同様に紫外線を浴びたことによるメラニン色素の過剰生成も、肝斑を誘発することがあります。

シミとの違いは?

肝斑もシミの症状の1つですが、肝斑は紫外線対策をしっかりとしていてもできることがあります。

これはシミの原因が紫外線であるのに対して、肝斑の原因が女性ホルモンにあるからです。

妊娠やピルなどを服用した後に甲板ができる女性も多く、女性ホルモンの乱れが関係しているといわれています。

肝斑の見分け方

シミはポツポツとできるのに対して、肝斑は広がってできる傾向にあります。

このような症状の方は肝斑の可能性が高いです。

    ・シミが左右対象にできている
    ・うっすらと広がっているシミである
    ・体調によってシミの濃さが変わる
    ・妊娠中またはピルを服用中である

肝斑が気になる方は参考にしてみてください。

※関連記事

肝斑に効く薬!

効果的な肝斑治療法

melasma treatment

ドラッグストアや通信販売でも肝斑改善のサプリメントやクリームは入手できますが、まずは自分のシミが本当に肝斑なのかどうかを確かめるために、皮膚科を受診しましょう。

肝斑だと思っていても普通のシミである可能性もあり、間違った治療法は逆効果になることがあります。

肝斑の効果的な治療法は、代表的なもので次の3つがあります。

トラネキサム酸配合の飲み薬による治療

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は、抗プラスミン作用を持つ成分で、おもに止血薬として知られています。

抗アレルギー効果や肌のあらゆる炎症を抑制する効果も持ち合わせており、肝斑の改善にとても有効な成分とされています。

女性ホルモンや紫外線など、皮膚の内外でさまざまな刺激を受けることによって、メラニンが生成され肝斑が発症すると考えられています。

この過程を抑制してくれる成分がトラネキサム酸です。

この作用によって、メラニンを作り出す前の段階で色素細胞の活性化を阻害し、肝斑の発生を抑えることができるのです。

服用にあたり注意しなければならないのは、心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎、術後で体力がない人、圧迫止血の処置を受けている人、腎不全の持病のある人などです。皮膚科の受診の際はお薬手帳を持参し、健康状態について医師によく相談の上で服用してください。

また、血液をサラサラにするサプリメントや薬を服用している人も要注意です。止血作用のあるトラネキサム酸を服用することで、その逆の効果が現れます。

副作用としては、食欲不振・胸やけ・吐き気・眠気・発疹などが報告されています。

その他にも異常を感じたら、我慢せずに速やかに医師に相談しましょう。

オススメ化粧品・プレミアムベルエタンセル

公式サイト プレミアムベルエタンセル

トラネキサム酸配合の医薬部外品ホワイトニングです。

シミや肝斑に効く美白化粧品として、年齢を重ねた女性に人気があります。

アルピニア カツマダイ種子エキスには肝斑形成をブロックする効果があり、症状を緩和してくれます。シミや肝斑を改善したい女性に人気のある化粧品です。

口コミ

シミにはトラネキサム酸が良いとテレビで言っていたので、トラネキサム酸配合で医薬部外品という、プレミアムベルエタンセルを試しに購入しました。

使い始めた時は、そこまで効果に期待していなかったのですが、2ヶ月目に入ったあたりから、だんだんシミが薄くなってきているのが分かり、口コミで評判の効果は本当だったのだと関心しました。

顔全体のトーンも明るくなって、旦那に最近顔色良いねと気付いてもらえました!

使い始めてまだ1か月ほどですが、徐々にシミが薄くなっているのを実感することができています。

友人からも肌が綺麗になったと褒められてしまいました!

今後の肌の変化が楽しみです。使い続けたいと思えるスキンケア商品です!

レーザー治療による肝斑除去

Laser

従来のレーザー治療では、肝斑を取ろうとするとかえって悪化させてしまうと指摘されてきました。しかし、近年美容皮膚科などで行われている肝斑治療専用のレーザーであれば、肝斑のシミそのものを皮膚から除去することが出来ます。

「メドライトC6」という機器のレーザー照射モードによって、肌にダメージを与えない非常に弱いパワーでレーザー光を当て、肝斑を構成するメラニンを少しずつ減らしていく「レーザートーニング」が、肝斑除去を可能にしました。

この方法は、皮膚深部にまでレーザー光が届きコラーゲンの生成を促してくれるため、単に肝斑がなくなるだけでなく、ハリがあふれるキメ細かい美肌に導いてくれます。

肝斑治療および美肌効果に即効性のある手段として、美容クリニックなどを中心に普及が広がっています。

一般の皮膚科でも設備さえあればレーザー治療は受けられますが、肝斑やシミの治療経験豊富で評判の良い医院を注意深く選択することが必要です。

レーザー治療は即効性が魅力とは言え、技量や知識不足の医師によるレーザー治療は逆に肝斑を悪化させることもあるからです。

失敗しないためには、レーザー治療の専門知識と肝斑除去の施術経験が豊富な美容皮膚科や、美容外科クリニックなどを受診すると良いでしょう。

赤坂メディカルMクリニック

サイト 安心安全の肝班治療なら赤坂メディカルクリニック

※関連記事

肝斑(かんぱん)の皮膚科やクリニックによる治療法とは!効果の高い治療法紹介

ハイドロキノン配合の塗り薬による治療

「肌の漂白剤」とも称されているハイドロキノンを配合したクリーム状の塗り薬も効果的です。

チロシナーゼという酵素の働きを阻害し、メラニン色素を作る細胞そのものを破壊することで肝斑を治療します。

日本ではまだあまり知られていないハイドロキノンですが、海外ではごく一般的な美白成分です。しかし効果が強い分、副作用や注意点もあります。

敏感肌でない人でも、塗った部分がヒリヒリしたりかゆくなったりする副作用があると報告されています。また長期間(1年以上)に渡って高濃度のハイドロキノンを含むクリームを同じ箇所に使用し続けると、まさに漂白したかのように肌の色が抜けて「白斑」となってしまう可能性があります。

そして、ハイドロキノンを含む化粧品や治療用クリームを塗布した後外出する場合は、徹底した紫外線対策をしましょう。

ハイドロキノンを塗った肌は非常に無防備です。そのまま日差しにさらしてしまうと、生まれて間もない赤ちゃんの肌を炎天下にさらすかのようなダメージを受ける場合があります。

オススメ化粧品・ビーグレン ホワイトケア

kvkvhjv

公式サイト より早く、肝斑やシミを消す。b.glen

ハイドロキノン配合の人気の化粧品です。

1週間のトライアルセットが税込1,710円で試せるので多くの女性が利用しています。リピート率は98.5%ありシミや肝斑に高い効果を発揮します。

口コミ

7日間のトライアルセットだけでは、シミは薄くはなりませんでした。

でもくすみが抜けて肌が明るくなったのはトライアルでもしっかり実感できました!

クレイ洗顔とCセラムは特にリピーターが多い商品だそうです。

クレイ洗顔は乾燥が和らぐので意外とやみつきになるんですよね。

トライアルの後に「Cセラム」と「ホワイトクリーム1.9」を購入してシミ消しを続けていたところ、上記のようにシミが薄くなってきました。

もっと使い続ければ他のシミも薄くなりそうなの頑張って使い続けようと思います。

箇所あるシミの部分に1日夜1回、重点的に塗り続けて1年、1

つのシミは完全に消えました!!もう一つのほうは、なんとなーく薄くなってきているのかな?といった程度でまだ消えてきたというような風ではありません。

肝斑予防と、速やかな症状改善のために出来る4つのこと

適切な治療も大切ですが、肝斑が出来る前に予防しておけば、治療に時間や費用をかける必要はなくなります。

肝斑予防のために出来る具体的な予防方法を4つご紹介します。

ビタミンCを定期的に十分摂取する

CFruits and Vitamin C

可能であれば野菜やフルーツなどの食品から、ビタミンCを定期的に摂取しましょう。

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な栄養素であり、シミのもとである黒色メラニンの合成を抑えてくれます。

次のような食品には、ビタミンCが特に豊富に含まれています。

ピーマン・ゆず・ゴーヤ・柿・キウイフルーツ・いちご・ハム等

ビタミンCをサプリメントで大量に摂取すると、胃や腸に負担がかかり腹痛や吐き気を起こすことがありますので、1日の摂取量を必ず守って使用しましょう。

また、2~3時間ですぐに排出されてしまう特徴もあるため、3食それぞれにバランス良くビタミンCを取り入れ定期的に摂取することを心がけましょう。

※関連記事

肝斑治療には副作用効果のない食べ物で!

出来るだけストレスを溜めない

難しいことですが、ストレスを溜め込まないことも大切です。睡眠時間を長めに取ったり息抜きの時間を設けたり、好きなものを食べたりと、自分なりのストレス解消をこまめに行いましょう。

ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れてしまい、肝斑以外にも様々な身体の不調を誘発します。

紫外線対策を怠らない

紫外線は肝斑の直接の原因ではありませんが、浴び過ぎてしまうと肝斑を濃くしたり、他の箇所にシミやそばかすを作ってしまうかもしれません。

日差しの強い時期は、日焼け止めや日傘などで肌をしっかりガードしましょう。

ハイドロキノン配合の化粧品でスキンケア

治療法のところでもご紹介したハイドロキノンを低濃度に配合した基礎化粧品も、予防に役立ちます。肝斑の予防だけでなく、総合的な美白効果を期待出来ます。

ハイドロキノンは非常に有効な成分のため、肌が弱い人にとっては刺激を感じることもあります。パッチテストなどで試してから、慎重に使用しましょう。

まとめ

今回は肝斑の原因と治療法のまとめをご紹介しました。

シミや肝斑が気になる女性はぜひ参考にしてください。



※関連記事
肝斑を消すサプリメントランキング!

The following two tabs change content below.
トニータクヤ

トニータクヤ

美容師歴22年の現役美容師兼6店舗を経営するオーナー「トニータクヤ」です。最近は講師活動で全国を旅する事も多いですが、日々美容の研究と綺麗になる情報収集に全力を注いでいます。 趣味:仕事と食べ歩き美味しい食事とお酒で楽しい時間が大好き。 好きな食べ物:ラザニアと生パスタ主にイタリアンが大好き。 座右の銘:て・き・と・う タモリさんと同じ(笑) 血液型:たぶんA型
スポンサーリンク
スポンサーリンク






スポンサーリンク






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です